この業界ではよく「弊社は恵まれない国へ輸出しています」

と宣伝している業者も見かけます。

悲しいことに本当に心を持って輸出に従事している

業者は少ないのが実態です。

ではなぜ輸出しているのか?

それはゴミ代を浮かすためなのです。

輸出はほとんどアジア、いわゆる豊かとは言えない国へ

輸出しているケースがほとんどです。

中古の家具、中古の服、中古の雑貨、靴、お皿などを

輸出するのですが、中にはボロボロのものを送ってる

業者がいるのです。

ゴミの概念は人それぞれ違います。人によってはまだ使える、

人によってはゴミ。

難しいところではありますが、ずさんな現実があるのです。

こういうことを言うと同業者から反感を買うかもしれません。

ですがあえて私はそれを発信し一般の方々にもそれを

知らせるべきだと思っています。

業界でこのようなことを言ってるのはわたくしぐらいですね。

自分の業種にとってはデメリットなことをあえて言う

のも何ですが。

うちは輸出そのものはやってませんが、輸出業者に

無料で提供したり買ってもらったりしてます。

売るからにはゴミは売れませんからちゃんと選別してます。